説明したってアンタになんてわかんないよ!


by otosata0

<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

愚痴り

[件名] 今月も好きです!

[本文] 今日、新大久保の駅で、佐藤見かけて、
     わお!って思って即座に振り返ったら、
     滑ってこけたよ。
     ソニックブーム出たかなって思うくらい、
     こけた。
     で、こけながらも、よく見たら、
     ランドセルしょってたよ、そいつ。
     ランドセルしょってない方の佐藤に会いたい。

って、メールを佐藤に出そうとして、
辞めた。

――――――――――――――

およそ8年前、私が佐藤に栄えある第一回目の告白をして、
なんだか無言の帰宅みたいになった日、
私は思ったわけですよ。

no佐藤 no life   みたいなことを。

で、まあ、その後もあわよくばと手を変え品を変え告白しまして、
軽く、告白における高橋名人(16連打)みたいになって、
うっすらと、私も思ったわけですよ。

駄目かな。と。
新しい恋でもするかなと。

だけど、でも、なんていうか、この先、5年くらい先の私が、
なんかイイ感じにワインとか手のひらで転がしながら、どっかの知らない誰かに
「今までの恋は全て、あなたに出会うためだった」とか言ってたら、
そんな自分、殴ってやりたいとは思ってた。


好きって気持ちは、ありふれていて、いつでも芽生えて、
「あなた以上に好きになれる人、もういない」っていう言葉を、
何回も何回も言うものだと思ってた。

また、きっと、人を好きになれる。
そしたら、その人が一番特別になる。
今まであった全ての人とのことが、その人と出会うためのモノのようになる。
佐藤を好きになったことも、佐藤が好きになってくれなかったことも、
この人のためだったって人がいつかきっと現れる。

そんな自分をね、タイムマシーンに乗ってボコボコに殴りに行くんだ。

――――――――――――――

みたいなことがね、5年前くらいの日記に書かれてて、
びっくりしました。

何にびっくりって、いや、もう、びっくりするくらい全然変わってない。
no佐藤 no life。

いや、正直ちょっとね、殴られたかった。
アホみたいに「佐藤を超えた」とか言って、ボコボコにされたかった。

もー、今さー、タイムマシーンから勘違いしたアタシが
両手を振り上げて走ってきたら、
殴りにきたアタシに泣きながら抱きつくかもしれない。
佐藤じゃない人を好きになりたい。って。

だって、もう、あなた、佐藤もいい歳なわけで、
あと1~2年でけけけ結婚とか、しゅしゅしゅ出産とか、
そういうめくるめく世界にいざなわれて、

私といえば、結婚祝いとか、あわよくばその余興とかね、
そういう状況に追い込まれるか、
もしくは、ポカンとしているうちに、ある日ふと友達から、
「ああ、そういえば佐藤も結婚したしね」
みたいな爆弾を喰らわないとも限らないここ中野で、

必死に暮らしているのは結局、
ランドセルしょってない方の佐藤に会いたいからなんだよね。

って話を送信しようとして、
今日は辞めたのです。
という愚痴。
[PR]
by otosata0 | 2010-11-22 07:31