人気ブログランキング | 話題のタグを見る


佐藤、そこは直線引くんだって


高校の授業中に、私は隣の席の佐藤にアドバイスした。

佐藤は、変に神経質で、そういう時ばっかりフデバコから定規を取り出して、
左手で丁寧に押さえながら線を引いた。

机を乗り出して横から手伝った適当な私のフリーハンドに
「ちょっバカ!」とか慌てながら。


そんなズボラな私も、あれから15年、驚くほど綺麗な直線が引けるようになった。
佐藤の書いた定規の直線より、むしろ真っ直ぐに。なめらかに。軽やかに。
そして、長く。

定規、使わないの?
と、佐藤は不思議がるかもしれない。

いらない。
と、私は笑うと思う。

添えるモノなんて、何もなく、私は真っ直ぐがわかるのですよ。と。


だから、佐藤、ちょっと、そこにいてみ。
そう、そこ。
あ、もうちょっと、右。右。あ、行きすぎた。左。

本当は、どこにいてもいい。
私から佐藤に向かう線。
それは、どのような条件においても、直線です。全ての線において、直線です。一直線です。


ニートの佐藤から「就職決まった、4月から社会人」ってメール。
28歳。
遅めのルーキー。
佐藤がパン屋の二階から、社会に出る。
それは、私にとって、恐怖だった。

佐藤がニートでいる限り、佐藤は、佐藤さんの家の子で、
多少の期間会えなかろうと、佐藤の人生も、私の恋も、
回転木馬のように追いかけっこをしてる顔して、
グルグル回っていれば良かった。

佐藤の時が止まってるから、私は二回も三回も告って、季節ごとに告って、
また明日も告ろうかなあとか思えたのかもしれない。

それが、あの佐藤が社会人ですよ。

そんなんが、もう4年前。


私は、ある覚悟を、もう何年も前からしていた。
佐藤が、結婚する覚悟。
その佐藤の結婚を、祝福する覚悟。

祝福ってものが、佐藤を別にしても、全然わかんないんだけど、
私は佐藤の結婚式を素敵にしたい。
佐藤の結婚式が素敵にならないことは、一切しない。
意味ありげに泣いたりもしないし、
変にはしゃいだりもしない。
わかってるような視線を絡ませたりもしないし、
すがるような目でも見ない。
ちゃんと、します。

そんなんを、もうだいぶ前から考えて、
佐藤の結婚の話なんて、ちっとも伝わってこないのに、考えて、
夜、うなされて、飛び起きたりして、そのあと、朝の中野通りを走ったりした。


いま思えば、あの高校三年、二学期の席替えが、私と佐藤の最短距離だった。
左を見れば、頭をはたける位の距離に佐藤がいた。

「ねぇ、佐藤、そこは直線引くんだってー」

あの日、手伝って引いたフリーハンドの先には、確実に佐藤がいた。


それから何度も何度も、佐藤を好きになった春が来て、
捨てるほど夏とか秋とか、どんどん来て、私は着実に開き直って、
乙女というより何かの職人のように、佐藤を思う。


そういえば、あの日、フリーハンドで横から引いた線は、
佐藤の定規の線と、うまく繋がらなかった。

そんなことが、今となっては、全てだったような気がする。
分かっていたら、私は、やり直しただろうか。
繋がらない線を、何年も引き続けたりしなかっただろうか。


佐藤はいびつになったアンダーラインをみて、「げー」と嘆いた。
「おれ、こういうの許せないんだよなぁ・・」とガッカリした。
でも、消したりはしなかった。


佐藤が結婚したと聞いた時、驚くほど普段と変わらない自分がいた。
というより、普段と「変われない」自分がいた。
変われないくらい、もう、佐藤が好きで、同時にそれを諦めていた。

今後、佐藤が誰かと、どんどん線を繋いで、編み目のように繋いで、
このあと、ずっと佐藤の遺伝子が少しずつ残っていく世界で、
それにくるまるようにして、私は暮らしていくのだと思う。


「俺より強い奴に会いに行く」

そんな感じで、ドラゴンボール集めるみたいに始まった私の恋は、
何度7個ボールを集めても、目の前で「ギャルのパンティー」に変わっては、世界に飛び散った。

佐藤より好きな子が地球にいない事実。


そんな地球で一番どうでもいい愚痴を、書けば今日も読んでもらえる。
今日、これが書けたことが、私はすごく嬉しい。
書くことが楽しくて仕方がない。

この先、一文字も書けなくなるかわりに、佐藤の心が射とめられたとしても、
私は書くのを止められないだろうから、泡にすらならずに、この大海をようようと泳いでいくんだろう。


ちっともめでたくなんてないから、口先の祝いなんて絶対しないけど、
佐藤がんばれ。
私もがんばる。
# by otosata0 | 2012-11-05 02:34

愚痴り

[件名] 今月も好きです!

[本文] 今日、新大久保の駅で、佐藤見かけて、
     わお!って思って即座に振り返ったら、
     滑ってこけたよ。
     ソニックブーム出たかなって思うくらい、
     こけた。
     で、こけながらも、よく見たら、
     ランドセルしょってたよ、そいつ。
     ランドセルしょってない方の佐藤に会いたい。

って、メールを佐藤に出そうとして、
辞めた。

――――――――――――――

およそ8年前、私が佐藤に栄えある第一回目の告白をして、
なんだか無言の帰宅みたいになった日、
私は思ったわけですよ。

no佐藤 no life   みたいなことを。

で、まあ、その後もあわよくばと手を変え品を変え告白しまして、
軽く、告白における高橋名人(16連打)みたいになって、
うっすらと、私も思ったわけですよ。

駄目かな。と。
新しい恋でもするかなと。

だけど、でも、なんていうか、この先、5年くらい先の私が、
なんかイイ感じにワインとか手のひらで転がしながら、どっかの知らない誰かに
「今までの恋は全て、あなたに出会うためだった」とか言ってたら、
そんな自分、殴ってやりたいとは思ってた。


好きって気持ちは、ありふれていて、いつでも芽生えて、
「あなた以上に好きになれる人、もういない」っていう言葉を、
何回も何回も言うものだと思ってた。

また、きっと、人を好きになれる。
そしたら、その人が一番特別になる。
今まであった全ての人とのことが、その人と出会うためのモノのようになる。
佐藤を好きになったことも、佐藤が好きになってくれなかったことも、
この人のためだったって人がいつかきっと現れる。

そんな自分をね、タイムマシーンに乗ってボコボコに殴りに行くんだ。

――――――――――――――

みたいなことがね、5年前くらいの日記に書かれてて、
びっくりしました。

何にびっくりって、いや、もう、びっくりするくらい全然変わってない。
no佐藤 no life。

いや、正直ちょっとね、殴られたかった。
アホみたいに「佐藤を超えた」とか言って、ボコボコにされたかった。

もー、今さー、タイムマシーンから勘違いしたアタシが
両手を振り上げて走ってきたら、
殴りにきたアタシに泣きながら抱きつくかもしれない。
佐藤じゃない人を好きになりたい。って。

だって、もう、あなた、佐藤もいい歳なわけで、
あと1~2年でけけけ結婚とか、しゅしゅしゅ出産とか、
そういうめくるめく世界にいざなわれて、

私といえば、結婚祝いとか、あわよくばその余興とかね、
そういう状況に追い込まれるか、
もしくは、ポカンとしているうちに、ある日ふと友達から、
「ああ、そういえば佐藤も結婚したしね」
みたいな爆弾を喰らわないとも限らないここ中野で、

必死に暮らしているのは結局、
ランドセルしょってない方の佐藤に会いたいからなんだよね。

って話を送信しようとして、
今日は辞めたのです。
という愚痴。
# by otosata0 | 2010-11-22 07:31

ローマじゃない方の休日


wiiでマリオをやる相手が、弟しかいないわけで。

もぉ~やだぁ~えいっ

みたいな展開には全くならないわけで、
協力プレーでありながらも、
あわよくば弟に甲羅をぶつけることを生業とする職人のようになりながら、
休日を暮らしていたわけですが。

休日の後半は、昔の同級生や好きだった人の名前を検索して
徹底的に生きざまを調べてみるっつー暴挙に出ようと思ったのですが、

案外、フルネームの漢字を覚えていない自分に出会って、
全然間違って探した出した身に覚えのない藤沢くんのブログで、
なんていうかコメント欄から彼女を見つけるっていう推理ゲームを始めたわけですが、
案外簡単に見つかったわけで、
その彼女もブログをやってるようで、すごい!5年もやってるようで、
でも藤沢くんと出会ったのが去年の秋だったから、と思って、ブログを遡って、
コメント欄で元彼を探すっつー新たな推理ゲームをしたら、
結構大変だったけど、すげぇ意味深なコメントしてる人がいて、これだ!って思ったら、
その人、途中、コメントに苗字で書いてるのに、彼女からは思いっきり名前で呼ばれてて、
フルネームゲットー!って思って、さっそく検索したら、
結構イイトコで働いていて、略歴なんかも書いてあって、
へーっつって見てたら、びっくり!9歳くらい違うけど、元彼の出身中学が、藤沢君と同じだったよ!!!藤沢君!


って気が付いたら、朝の4時で。
# by otosata0 | 2010-04-16 04:38

今日すげーあったかいんですけど。なー高橋。聞いてるー?

今日すげーあったかいんですけど。なー大山。聞いてるー?

井上ー、山田ー、佐々木ー、竹田ー、田中ー、斉藤ー、星野ー、
ちょっと、誰かー、聞いてるー?


佐藤を思わない日はない。

が、

それ以外の男性のことだって、思わない日はない。
毎夜、毎晩、毎朝、毎日。

おまえが好きだと。
むしろ、おまえがいい。どんとこい。

そっちが、そういう気持ちなら、私の方は、全然そっちでいいよ。むしろ。

みたいな幅の広さもある。ばっちこい。


だから私は、今日も一生懸命に文章を書いて、それをウェブにアップして、
これを書いたのは、加藤はいね、と。加藤はいね、と。


でも、書いてる内容がほんと「うんこ」のこととかだから、困る。
# by otosata0 | 2009-05-26 02:42

目の上の加藤たんこぶ。


今日すげーあったかいんですけど。なー佐藤。聞いてるー?


佐藤を思わない日はない。
もうずーっと会ってもないのに。

佐藤、なんなの?
おまえ、なんなの?

私の生き別れの双子とかじゃないの?
私の本当のお母さんとかじゃないの?
前世で結ばれなかった恋人とかじゃないの?

佐藤、なんなの?

なのに、おめぇは、何ポカンとしてんの?
何にも感じねぇの?
何、普通に音信不通なの?
普通に恋して、普通に生きていってんの?


だから、私は、定期的に告白する。
おまえが好きだと。
おまえが好きだと。
おまえなんだと。 お! ま! え! と。

なのに、幸せになれという。
そっちはそっちで、幸せになれと言ったりする。

あー、全然伝わってねぇ。
そうじゃねぇーんだ。
そっちとか、こっちとか、そんなんじゃないんだ。
普通じゃないんだ。
告って、振られて、新しい恋、みたいなんじゃないんだよ、私が言ってるのは。

きみだけなんだ。
きみしか、恋愛対象に見えない。
きみ以外は、女も男も おんなじなんだ。
私の世界の男の子は、きみ一名なんだ。

きみとしない結婚を、私は誰ともできないし、
きみとしない口付けを、私は誰ともできないし、
きみとなれない幸せは、もう誰かとなるようなもんじゃないんだ。

だから、私の告白は、断るって済むようなもんじゃなくて、
もっと説得してよ。なんなら譲歩してよ。
これは、もう、闘いなんだよ。
私が諦めるか。
きみが諦めるかの。


私は、もう無茶苦茶に踊るよ。
無茶苦茶みたいにしながら、でも、したたかにペース配分しながら。

佐藤も佐藤で必死に、私を振り続ける。
私を無かったことにする。


なぁ。
おめぇが、面白いもんが見たいっつーから、
相当面白くしてやったっつーのに、
結局、全然喋んない埴輪の置物のような女の子を選んで、

なんか、「不本意ながら・・」みたいな照れ笑いに絶句。

おめぇが、愛されてぇーみたいなこと言うから、
これでもかっつーくらい愛してやって、
今も尚、この状況ですら吠えているのに、
それどこで拾ってきたの?っつーくらいのニューフェイスを選んで、

なんか、「ほっとけなくて・・」みたいなボヤキにも絶句。

おめぇが、名をあげてぇーっつーから、
こんなに佐藤佐藤佐藤佐藤佐藤とウェブで名を連ねているのに、
未だに気付いてない。絶句だよ。

私はおめぇに唖然としながら、
なんども声もでないくらいになりながら、

それでも、それでも、色んな魔法でHPを回復しては、伝えているんだ。
おまえが好きだと。
佐藤が好きだと。


佐藤、おめぇ、眠り姫みたいだったら、良かった。
どっかの城で眠ってて、そこにたどり着くまでには、すげぇダンジョンがあって、
そういう先にいるのがおめぇなら良かった。
おめぇ争奪戦に負ける気がしない。

なのに、おめぇもおめぇで勝手に起きあがって、どっかの姫を奪いに行くから、
とんだ追いかけっこが始まって、もう幾年。

佐藤が王子で、私も王子で、
もう、やれるのは戦争くらいしかなくても、
佐藤が私に向けられるものが、もう刃しかなくても、
私はね、何度だって斬られてあげます。


連絡を取らなければ、薄らいでいくだなんて、
普通の色恋沙汰だと思っているうちに、
私は静かに、佐藤の世界を包囲するよ。

そして、もう、無視できないくらいに、佐藤の人生の中にちらつきながら、
佐藤とは違う世界で、キラキラキラキラと生きていくような、

憎たらしい存在に私はなりたい。

もう、佐藤と幸せになりたいなんて思ってない。
佐藤と何かになれるなら、険悪だって、犬猿だって、なんだっていい。
なーんだって。



佐藤、なんなの?
おまえ、なんなの?


佐藤は、将来、文章を書きたいと言っていた。
文章を書いて名をあげたいと言っていた。

ああ、そう。

だから私は、今日も一生懸命に文章を書いて、それをウェブにアップして、
これを書いたのは、加藤はいね、と。加藤はいね、と。

そして、佐藤なんて、ただの加藤はいねの好きな人だと。
# by otosata0 | 2009-04-28 00:17